文化祭のテーマ、漢字一文字で決めるなら何が良い?

しいですねぇ。漢字一文字ですか…

例えば、

「純」

とか、

「粋」

他には、

「炎」

まだまだ

「魂」

さらに

「礎(いしずえ)」

うぅ~ん…

「秀」

やっぱり

「愛」

賛否両論起きやすそうなのは、

「金」


いくらでも出てきますが、重要なのはアイデアではありません。


1.どんなテーマにするのか。
2.なぜその漢字一文字にしたのか?
3.その漢字の意味は何なのか?その漢字にすることによって、
4.クラスはどうなるのか?
5.学年にどう影響を与えるのか?

さらに踏み込んだ話をすれば

6.学校全体にどう良い影響を与えることができるのか?


最低でもこの6つが明確になると

たった一文字の漢字であってもとても重みがあり、
深みもあり、気付きもあって、多くの人が真剣にメモを取って話を聞き始めるような説得力も出てきます。
多くの人の心を打つ為には「ダイナミックでワクワク感」のある漢字を選ぶと良いとです。

国語辞典や漢字辞書、その他にもどんな本にもたくさんの漢字が使われているはずです。
その1つ1つの漢字だけに注目するとたくさんの気付きがあります。
時間に余裕のあって文字を見るのが好きな人は一度やってみてください。

癖になります。

スポンサーリンク

漢字の意味は?


あなたは漢字の意味を考えたことがありますか?

「そりゃ何度もあるよ。」
「見たまんまやん。」

と感じた人もいるでしょう。

特にわかりやすいものでいけば、
田んぼの「田」
見た目のまんまですよね。

興味深いのは
「嬲」とか「嫐」、
何か卑猥な妄想を抱いてしまいそうですね。危険なニオイがします。

嬲(なぶ)る・・・いじめる。
嫐(うわなり)・・・元妻が現妻を襲う。
どちらもあまりポジティブな漢字ではありません。

…ちょっと話が脱線しましたが、軸はぶらさず、


漢字それぞれに意味があり、
人それぞれ、漢字に対して抱く印象は千差万別です。


どういうことかわかりますか?

例えば、

「命」という漢字一文字とってみても、

人によっては、

「自分の体」と感じるかもしれませんし、

人によっては、

「自分以外の大切な人の存在」と感じるかもしれません。

もしくは

「人間以外の動物」のことを思い浮かべる人もいるでしょうし、

あるいは

「植物や昆虫、微生物」のことも無視できない心優しい人もいると思います。

他には

「男」という漢字1つとってみても
優しさや頼もしさといったポジティブな感情を持つ人もいれば

恐怖とかトラウマだったり逆にネガティブな感情を抱く人もいるのです。
男性恐怖症ってのがあるくらいですからね。


そもそも漢字とは?


もともと中国のほうから伝承された文化ですよね。
日本で漢字が使われるようになってから、
大体1600年くらいと言われており、随分歴史があります。

それでいて中国語と日本語は文法が違います。
なぜか中国語と英語は文法が一緒で、
日本語と韓国語の文法が一緒だったりします。

長い年月をかけて中国からわたってきた漢字の文化は、
姿、形を変えて、日本人にとって都合の良いように便利にアップデートされてきたのです。

ちょっと言い方が悪かったかもしれません。どういういきさつかはわかりませんが、
きっと昔から日本人が独自の美しさを追求した結果、
多くの漢字の他に「ひらがな」や「カタカナ」が生まれ

発達していったのだと思います。

どう考えても日本語は世界と比べても

繊細さ、あらわすことのできることの範囲の、意味、価値の膨大さが圧倒的ではないでしょうか。

これは僕が日本人だからなのでしょうか。


これが愛国心と呼ぶものなのか。


エゴでも良いです。

日本人だから日本語が好きといって、
悪いことがありますか?恥ずかしがる必要は無いと思います。

「うわぁ…なんかこの人気持ち悪い。」

と思ったなら結構です。二度と僕のブログに訪れなければ良いだけです。

すいません。ついカッとなってしまいました。

文化祭のテーマにかける情熱は
人一人がブチギレるくらい情熱的なものでなければ意味がありません。

感情が爆発するような、大の男が泣きじゃくるような、
それでいてポジティブなものであればあるほど最高です。

プライドの高い女性がひざまづくような、
どうせなら強烈でインパクトの強い漢字一文字を選んでみてください。


参考になるのは「今年の漢字」ですね。


興味深いことに「今年の漢字」に
「金」が2000年と2012年で唯一、2度選ばれているのです。

それだけ日本はお金の問題が根強いのか。そう考えさせられるほどです。

随分関係の無い話をしてしまい、
困り果ててしまったかもしれませんが、
何も難しく考える必要もありません。

例えば、
何か一つのことをひたすら磨く、そんなテーマでいきたいなら
「極」とか「匠」とか「技」とか「業」など。

ある一つの目標に向かって多くの人数が一つになる必要があるのであれば、
「対」「協」「合」「融」「交」「絆」「結」「集」
本当にたくさんあります。

漢字を与えられた僕たちは幸せです。
アジア人の特権なのです。
僕たちが赤ちゃんの頃から

お母さんのお腹の中にいるころから日本語を聞くことができる。
これを幸せと思えるかどうかはひとそれぞれですが、
僕にとっては尊いことのように思えます。


多くの外国人が日本人以上に日本を愛して、
熱心に日本のことを理解しようとしています。


日本の文化、歴史に触れ、

人によっては母国よりも日本に魅了されて
自ら日本の文化や伝統を継承しようとする異国の人さえいるのです。

なんて素晴らしい国なのでしょうか。
あぁ、僕は日本が本当に大好き。

だから日本人は皆、素晴らしくあって欲しい。
崇高であって欲しい。どの国の人にも羨望の眼差しで見られたい。

どの国の世界中を飛び回る旅行好きの人に聞いても「どう考えてもナンバー1は日本」と答えて欲しい。

これからもそうあり続けたい。だから僕は言葉を大事にする。
漢字一文字を無駄にはしたくない。
だからあなたは僕の文字を読んでくれていると思う。

やけに情熱的に語っていますが、これは文化祭の記事なので、
話を戻します。


まとめ


とりあえず、自分の好きな漢字を列挙しましょう。で周りの人にも好きなだけ出して貰いましょう。
多数決はあんまり好きではないですが、
日本は悲しいことに義務教育で

とりあえず中学までは行かされるし、
両親とか大人の洗脳で高校もしぶしぶ行くハメになることが多いです。

なんだかんだいって日本の学校教育の現場では多数決で決めることが多いと思います。

多数決の弱点は、本当は少数派の人が正しかったり、今よりも少しでも良くなることを主張していた場合に、
最後まで納得いかなかった少数派の人たちが犠牲になってしまうということです。

このいわば、暗黙の了解で泣き寝入りさせるパターンが
小学校や中学校に定着してしまっているから、
社会に出ても似たような理不尽がまかり通ってしまうのではないか。

と僕は考えています。

ここまで読んでくれたあなたは特別です。


多くの人は僕の文章を途中で読むのを放棄します。


疲れるからです。スマホでゲームとか暇つぶしでテレビとかを

ついつい見てしまうからです。

暇潰しに訪れたブログだと思いますが、ここまで来たのでどうせなら最後まで読んでみませんか?

大多数の人と同じ行動を取っていては、
並外れた成功をその手に収めることはできません。

まずは文化祭でリーダーシップを発揮し、

上手に大衆心理を利用すれば、
周りの人はみんなあなたのことを無視できなくなります。

手始めに
「こういう漢字なら多くの人がビクンと反応するだろう…。」
と思えるような強い漢字を見つけてください。

そしてホームルーム(連絡事項とか確認する普通の授業以外のアレ)
の際におもむろに挙手してみてください。

そこからは、
あなたの人生に目に見えないかもしれませんが一筋の光が差し込み、
徐々に広がっていき、次第に音を立てながらすべてが変化し始めます。

スポンサーリンク
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク