日本アカデミー賞新人賞の歴代受賞者は?

本アカデミー賞新人賞の
歴代受賞者を紹介します!

今年も日本アカデミー賞の時期が来ました。

最優秀主演俳優賞や助演俳優賞も気になりますが、
日本アカデミー賞では、監督賞から録音賞など、
他の映画の賞と比べると賞の種類が細分化されていますから、

新人賞も気になりますよね?

簡単に日本アカデミー賞がどんなものか
おさらいした上で、歴代の新人賞受賞者を
紹介していきますね。

日本アカデミー賞の受賞作品の選び方は
開催する年の2年前の12月から前年の11月末まで、

毎年2月~3月の間に開催されます。

授賞式の開催地は東京都港区の
グランドプリンスホテル新高輪(1998年~)です。

一般客の参加費用は4万円です。結構しますね。

スポンサーリンク

ちなみに日本アカデミー賞に
「最優秀新人賞」はありません。

ヨコハマ映画祭や報知映画賞、
日刊スポーツ映画大賞には「最優秀新人賞」はあります。

世界的な音楽の権威ある賞「グラミー賞」にも
最優秀新人賞はあります。

カンヌ国際映画祭には「最優秀新人賞」はありませんが
新人賞はあります。

アメリカで行われる本家、映画の祭典
「アカデミー賞」では新人賞すらありません。

各賞によって新人の見方が違うのですね。

日本アカデミー賞の
歴代の新人賞受賞者を確認したい人は、

こちらから各年度の「すべての結果を見る」をクリック
⇒「新人俳優賞(または画面を下にスクロール)」
をクリックで確認することができます。

歴代の日本アカデミー賞新人賞者を紹介します。

とはいっても、ただ新人賞受賞者の一覧を記載するのでは、
日本アカデミー賞の公式サイトを見るのと
なんら変わりないので、

過去

の日本アカデミー賞、新人賞受賞者の中でも、
今でも活躍している人、その年ならではの新人賞受賞者を
ピックアップして紹介していきます。

紛らわしいのですが、
日本アカデミー賞を開催した年の
前年度の映画が選考対象なので、

2017年開催なら2015年12月~2016年11月末までの
映画の出演俳優が対象になります。

次のページでは過去の日本アカデミー賞新人賞の
受賞者を紹介していますが、驚くほど今は
テレビで見ない人ばかりです。

日本アカデミー賞はあまり実力とは関係無いのかもしれません。

スポンサーリンク
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク