運動会のスローガン、夢を与えるポジティブキーワード

春、勝利、栄光、大地、、団結、結束、根性
負けん気、情熱、、友、若人(わこうど)、
勇気、気迫、魂、希望、歓喜、、心、声、…

いくらでも出てきますね。
これらのキーワードだけでも仕方がありませんね。
動詞が無ければ成り立ちません。

例えば、

導く、輝く、震わす、結ぶ、吹き掛ける、湧き立つ、うごめく、ひしめく、
目指す、感じる、振り絞る、打ち出す、叩き込む、巻き込まれる…

これも案外いくらでも出てきます。

キーワードといっても単語と動詞さえあれば、
いくらでもスローガンは思いつきます。

「友の絆は勝利に導く勇気の証。」
「大地を震わす魂の雄叫び、歓喜の渦に今巻き込まれる。」
「全身全霊!生粋の魂を持つ者達の闘志に熱き青春の時。」

キーワードを詰め込み過ぎると意味不明になるので、
わかりやすくて、感動が大きいものにすると良いでしょう。

過去、実際に中学校で使われたテーマや2015年のプロ野球チームの
スローガン、キャッチフレーズを参考にしながらオリジナルのスローガンを
作るためのコツを伝授した記事もあります。

中学運動会テーマが浮かばない?参考例とコツを教えます!

スポンサーリンク

英語も良いでしょう。カタカナ英語で全然構いません。


ビクトリー、ファイト、ミラクル、チャージ、エネルギー、
ファイア、ジャスティス、スペシャル、ワンダフル、ビューティフル、
エキサイティング、エモーション、ラブ、ブレイブ、フレンド、アース、ヒューマン

・・・挙げればキリがないですけど
ポジティブなイメージを連想させるキーワードをざっくり紹介してみました。
ヒントは得られましたか?

キーワードさえ浮かべば全然難しいことなんてありません。

運動会のスローガンは英語みたいなものです。
単語の組み合わせです。単語が理解できれば意味も大体理解できますよね。

ありきたりな単語、動詞ばかりだし、
あなたが知っている言葉ばかりだったと思います。

ポイントは

運動会のスローガンは斬新である必要も無ければ
奇抜である必要もありません。


みんなが知っている言葉、あなたの中に既にある
有名な言葉、綺麗事のようなものが
運動会のスローガンのキーワードになってきます。

例えば、日本のプロ野球球団のスローガンも
こちらの動画で参考にすることができます。



何も変わったアイデアを出しているわけではありません。

みんなが知っている馴染みのある
普通のポジティブなキーワードを使っているだけなのがよくわかると思います。

考えるのがめんどくさい・・・
誰もがこう考えるものです。

だからこそ、知恵を絞った人間が勝利を手にするのです。
それは、学校の世界だけではありません。
社会に出てもそうです。

ホームレスの人たち全員が何も考えていなくて、
頭が悪いとは思いませんが、

例えば会社の社長はどうでしょう?
世の中の社長は決まって頭が良い人ばかりではないですか?

サラリーマンでも出世する人というのは
頭が良い人です。学校の成績がどうのこうのではありません。
頭を使っているかどうか、考えているかどうかが重要なのです。


生きていく上で何が何でも
避けられないめんどくさいこと、それが考えることです。


考えることと、行動すること、
この2つは本当にめんどくさいです。

「運動会のスローガンなんて誰かが決めてくれる。」
「俺はボキャブラリーが無いからスローガンなんて決められない。」
「学校委員が早く案を出せば良いんだ。」

99%の人はこう考えるのです。
働きアリの中で2割は必ずサボるアリがでてきます。
その2割のサボるアリを他のチームの

サボるアリも掻き集めるとどうなるかというと、
またその中で2割のアリがサボるのです。

では、真面目に働くアリだけを集めたチームを結成するとどうなるか?
なんと、その中の2割はサボるようです。

これは一体どういうことでしょう?

いろいろな説はありますが、
1番ポジティブな説は、

働かないアリは働き過ぎるアリが疲れてきた時に
交代する為に体力を温存している。

というものです。

なるほど、そう考えるとアリの軍団は本能的なようで、
案外、知的な印象を持てます。

これは人間にも当てはまります。
数少ない真面目な学級委員長が多数の普通+不真面目な生徒を
取りまとめる必要があるのです。

ここで不真面目な生徒を攻めることはできますか?
彼らを一方的に悪と決め付けることは簡単ですが、
不真面目な生徒こそ、真面目な学級委員長がバテてきたときに、

「お前ら頭使い過ぎ、ここは俺らに任せろ。」

といってゴリゴリ働くこともあるのです。

そんなことは有り得ない。と思うかもしれませんが、
組織とはそういうものです。


学校も、会社も、国もみんな同じです。


学校なら校長先生がいて、教頭先生がいて、
国語の先生がいて、算数の先生がいて、体育の先生がいて、

会社なら社長がいて、部長がいて、
課長がいて、主任がいて、平社員がたくさんいて、
政府なら総理大臣がいて、外務大臣がいて、厚生労働大臣がいて、
農林水産大臣がいて、官僚がいて、

衆議院議員がいて、参議院議員がいて、公務員がいて…
みんな一緒なんです。

芸能界だってそう、売れる芸能人がいて、売れない芸人がいるんです。
多くのお笑い芸人は売れないのです。

しかし、みんな1人では生きて行けないのです。
校長先生だけいて、先生がいなかったら、
生徒がいなかったら?

社長や取締役がいても平社員がいなかったら?
パイロットがいても旅客が0人だったら?
お金が100億円ある資産家でも無人島暮らしだったら?

学級委員長がいて、他に誰もいなかったら?

そう、みんな支えあいながら生きているのです。
「支えあい」を実感できる場所、
それが運動会です。

人と人との繋がりを実感してください。
あなたは1人、では無いのですから。

スポンサーリンク
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク