運動会のスローガン、何か面白いのない?絆を生む3つのアイデア

この記事を理解すれば、
あなたは将来ホームレスにならずに済みます。

つまり、お金持ちになる可能性も芽生えるのです。
単語力、表現力が応用できる範囲が非常に多岐に渡ります。
女性を口説き落とすスキルにも繋がってきます。

両親にお願いごとをする時も少しの表現の違いで
説得力が生まれます。例えば、

「あのゲーム買ってよ。」

と言うのと

「イチロー選手はケガをした時に
ドラゴンクエストをやるんだよ
僕もイチロー選手みたいになりたい。あのゲーム買って下さい。」

と言うのと、どっちが大人の心を反応させると思いますか?
もちろんこの程度で大人の財布のヒモを緩ませることができるとは
限らないですが、

これをお願いする相手があなたを甘やかしがちな
おじいちゃんやおばあちゃんに限定するなら

「加山雄三って1日に何時間もゲームするんだって。」

と言うだけで高確立で大人達は
あなたの欲しいものを喜んで買い与えるでしょう。

これらは単なる例に過ぎません。
表現の仕方1つで相手の感情が変わる
ということを覚えておいて下さい。

相手をコントロールできてしまうくらい
強烈なスキルですから、正しいことに使ってください。
それが守れないなら今すぐページを閉じてください。

それでは本題に入ります。

スポンサーリンク

魅力的なスローガンを作る3つのアイデア

アイデア1,わかりやすく短い言葉で

なるべくみんなが理解できる簡単でわかりやすい言葉を
スローガンに含めると良いです。シンプルイズベストです。

例えば、野球の日本代表に付けられたキャッチコピーは

「侍ジャパン」

女子サッカーなら

「なでしこジャパン」

このように短く、なるべく多くの人が知っている
わかりやすい単語を使う
ことでより多くの人に理解してもらえます。

アイデア2,強烈な単語で

世の中には同じような意味でも表現やどんな単語を使うかで
与える印象ががらりと変わります。

例えば、「嬉しいです。」

という文章で単語を強烈にして表現を微妙に変えると、

「大喜びです。」
「感激です。」
「感動しました。」
「夢のようです。」
「胸が熱くなりました。」
「感極まりました。」
「天にも昇る気持ちです。」

などどれも同じことを言っているのですが、
伝え方、表現の仕方、単語を差し替えるだけで、
ニュアンス、受け取る感情が全く変わってくると思います。

昔から運動会のスローガンで良く使われる強い単語を一部紹介します。

挑戦、頂点、努力、勝利、青春、
息吹、躍動、魂、栄光、闘魂、闘志、時代、
未来、気迫、伝説、無限、限界、鼓動

ここで

「みんなが使っているありきたりな表現は使いたくない。」

と感じた人もいると思いますが、
過去に多くの学校で採用される運動会のスローガンには
決まって上記のような強い単語が含まれている場合が多いです。

一部の人しかわからない言葉、斬新な表現は
運動会のスローガンには向かないケースが多いです。

ですから、なるべく冒険しないことも採用される
スローガンを生み出す上では、必要な心構えです。

アイデア3,幻の表現

採用になるスローガンというのは、
大体曖昧なものが多いです。つまり、
悪く言えば具体性に欠けるのです。

抽象的な表現でありながら、
ポジティブで前向きな気持ちにさせてくれる単語の組み合わせが
良い(採用されやすい)スローガンです。

これまでに紹介してきたアイデアを
組み合わせると例えば、

『舞い上がれ、純潔の若人よ。』

こんな感じになります。
実は意味不明ですよね。
曖昧なんだけど、前向きにさせてくれる。

それが幻の表現です。実在しない感じなのです。
夢物語っぽさが重要です。

それでいてわかりやすい言葉で、強烈な単語を使うのがポイントです。

他には

『情熱の記憶を刻む。青春の1ページ。』

とか

『涙の瞳に移る仲間の勇姿』

『漲(みなぎ)る力は魂の雄叫び。』

こういう感じになりますね。

次のページでは、スローガン採用の必勝パターン、
僕達は日本人なんだから英語ではなく、日本語に
強くなりなさい。などお話しています。

スポンサーリンク
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク