運動会のスローガン、何か面白いのない?絆を生む3つのアイデア

うしよう・・・
運動会スローガン、決めなきゃいけないけど、

そういうの考えるの苦手なんだよね…
猫の手も借りたいにゃん。と感じていますか?

ご乱心を!

間違えました。

ご安心を!

スローガンとは何も
あなた1人で頭を抱えて考えなければならないワケでも無い
のです。
最終的にはみんなで決めれば良いのです。

自分自身に過度のプレッシャーを与えても
良いスローガンは思い浮かびません。

「プレッシャーは感じてないけどさぁ
そもそも運動会なんて勝ちゃ良いんだろ?
スローガンなんて必要ないんじゃないの?」

と思っている人もいるでしょう。
確かにあながち間違いではありません、

でももし負けたらどうするんですか?
最初から負けに行く戦いなんて
裏で多額のお金が動く八百長でも無い限り有り得ないでしょうけど

真剣勝負でも負ける者というのはどうしても存在します。
トーナメント戦が良い例ですが、最終的に1度も負けない者は
たった1人、1チームしか存在しません。甲子園を見ると凄くよくわかりますね。

勝負の世界は敗者の方が大多数なのです。なんて厳しい世の中なのでしょうか。

つまり、スローガンを立てる目的は勝敗とは別の
精神的な目的、チームとしての目的を持つことなのです。

スポンサーリンク

そもそも運動会って何だと思いますか?

赤組のほうが強いのか
それとも青組のほうが強いのかはっきりさせる戦いでしょうか?

それとも勝敗に関わらずクラスの団結力、
結束力、絆を深める為の行事でしょうか?

それとも勉強しなくて済む時間?

好きな女性と仲良くなるチャンスが到来する絶好のタイミング?

ある意味どれも正解です。
勝ったと負けたというのは1つの結果に過ぎないのです。

もちろん結果主義になることで目的が明確になるので凄く良いことだと思います。

真面目に運動会のスローガンを考える人もいれば、
運動会を利用して、先ほども挙げたように

  • モテたい、○○ちゃんに気に入られたい。

  • 勉強しなくて済む

  • かけっこでアイツに勝ちたい。

  • 先生、親に認められたい。

  • 周りの友達に褒められたい。

  • 注目されたい、人気者になりたい。

などなど恥ずかしいので口には出しませんが、
確実に思っているであろう個人的な思惑というのが存在します。
願望、野望と言っても良いでしょう。

実は、そういった

個人的な考えを持つ連中を
団結させる手段の1つ、それがスローガンです。

思わず心を打たれる。我を忘れてしまうような、
刺激的な単語の組み合わせです。

思わず次の文字を読んでしまう。
誰かに言いたくなる。
胸が熱くなる単語、表現をこれからあなたに学んで貰います。

スローガンを考えることは凄く意味があります。
多くの人間を感動させられる能力になるのです。

あなたが文系でも理系でも、単語力を持つことができれば、
今後訪れるであろう、面接や履歴書の記入、交渉力、
プレゼン、発表、演説、これらすべてに活用することができます。

つまりライバルに1歩も2歩も先を行くことが出来、
テストの点数だけでなく、

「この子は興味深い単語を知っているなぁ。」
と先生からの評価も得られるので、内申点も加点されやすくなります。
なので良いスローガンを立案できる人は職を失う心配が少ないです。

次のページでは、親にゲームを買ってもらう確率を
高める技術、魅力的なスローガンの作り方などお話しています。

スポンサーリンク
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク