喉が痛い!風邪ではない。3つの精神論で独自に挑みますか?

みましょう!
たまには精神論も必要です。
私は精神論が好きです。

たまに体育会系スイッチがオンになります。
あ、僕はゆとり世代です。

たまに体育会系スイッチが入る人で
食べ物、生活習慣とか細かいことを気にせずに、しかも薬も飲まずに
喉の痛みが無くなって欲しい!
と強く願う人に向けて

今現在、正体不明の喉の痛み胸糞悪い筆者が
あなたの肩を優しくなでなでします。(?)

そしてあなたの耳元でこうつぶやきます。

「辛いよね。」

・・・

「気持ち悪!!!」

と思った人は今すぐページを閉じてください。

この手のブログには、

・喉が痛いなら喉飴を舐めましょう。
喉飴の成分に含まれる○○には喉の炎症を抑える効果があり・・・

とか

・喉の痛みには生姜が最適です。
・はちみつが最適です。

などなど

そもそも手元に無ければ実行できないアプローチだったり、
買い物に行く必要があったりします。
ですから役立つ文章を読んでもそのときに

「なるほど!喉の痛みには生姜湯がいいのね!いつか試してみよう!」

と思って、結局は自分の私生活に変化が無かったりします。
そんな経験はありませんか?

精神論は食べ物や薬などの物理的なアプローチ、
方法論とは異なり、場所を選ばず、好きな食べ物や
好みの生活習慣を崩さずに、文字さえ読めて、

言っていることが理解できれば、頭の中で
なるほど、とまるで何か食べ物を噛み砕き、腸内で栄養を吸収するかのように、
知識や情報を自分の脳に取り入れることができ、

あなたが大人なら取り入れた知識や情報をメモ帳や
ツイッター、フェイスブック、ラインなどで他人にシェアしたり、
友達に実際に得た知識、情報を話したりすることで、

記憶の定着度が高まります。

精神論とはそういう類のものです。

もし実際にスマホで検索とかして、
ブログで何か情報を得てその知識を活かして実生活に変化を起こしたとしても、

旦那さんとかお子さんとか友人、知人に

「アイツなんか変わったことはじめたなぁ。」

とポジティブな変化を起こそうとしているにも関わらず
一切協力的な姿勢をみせないこともあります。

誰かと一緒にやるほうが続くタイプの人は
周囲の賛同が得られない場合結局3日坊主になって続かなくなる場合が多い
です。

「へぇ~!それ良さそうだね!俺もやろう!」
「僕も!」
「私も!」

「へぇ~凄いな!めちゃめちゃ効果実感できたよ。
これ何で知ったの?」

みたいな絵に描いた餅的な
美しいストーリーにならないのが現実だったりします。

で、僕自身、喉の痛みに関する記事をいくつか書いてきて、
「高熱に晒されていて、夏なら夏風邪かもしれませんね。」
といった家庭の医学のような知識は蓄えましたが、

いざ自分が喉に痛みを感じていて、
風邪とは異質の高熱が無い喉の痛み、つまり多分精神的なストレスからくる
喉の違和感に遭遇した時に

専門用語で言えば「ヒステリー球」とか
そういった類の痛みを感じていて
どうすることもできませんでした。

ヒステリー球を含め喉の違和感について詳しく知りたい人は、
次の記事を参考にしてみてください。

喉の違和感、つまりが気になる…病院は?何科で診て貰えば良い?

スポンサーリンク

そもそも何もやる気がしないんです。
ちょっとうつっぽいんですね。

暑いし、冷房効き過ぎ環境もあるし、自律神経が乱れてきたのでしょうか。

僕の場合は私生活で親がキレやすくなったり、

自分の仕事が思うように行かなかったり、
どうも腱鞘炎気味だし、で調べてみた結果多分、テニス肘だし、

とまぁ個人的な話いろいろとありますが、
要するに悩んでるんですよね。

考え事してるんです。地団駄踏んでる感じなんですね。

もちろん喉の痛みに限らず健康には
生活習慣、食べ物、睡眠は特に
ちゃんとやればそれだけ脳、肉体、精神のパフォーマンスを改善させるし、

アンチエイジングにもなるので

軽視できませんが、

「ちょっとそういう気分じゃない。」

「食べ物とか、生活習慣を
ほとんど変えずに喉の痛みを消し去る方法は無いのか?」

「一通りやったけど最後は気持ちの問題かもしれない。」

そういった気持ちをお持ちの人にも役立つように
岐阜県に住むゆとり世代の田舎者が
効果が一切実証されていない怪しすぎる精神論をタダで初公開します。


喉の痛みに挑む精神論その1


「水を飲んでりゃそのうち治るだろ。」

純粋な根性論とはまた違いますよね。
純水ですね。方法論もありきです。

非常に荒削りで、今まで真面目に健康系の知識を
本とかで読んでいたのが果たしてなんだったんだ?
時間の無駄だったのか?と疑問に思えるほど

シンプル過ぎる精神論です。

水といっても単なる水道水ではなく、
ミネラルウォーター、できるだけクオリティの高い水を飲みましょう。
今は水ブームです。多種多様な水がありますが、

歌いすぎ、話しすぎの人が愛飲するミネラルウォーターをご紹介します。
それは、ボルビックです。
なんでボルビックが良いのかはわかりませんが、

どうもボルビックを飲むと喉の調子が良くなり、発声を助けてくれる。
そんな話もあります。

ちなみに私はクリスタルガイザーが好きです。
たまに水に価値を感じない人がいますが、

そういう人は富士山の雪解け水を静岡の沼津あたりで飲んでみてください。

1度飲めば、それまであなたが飲んでいた水分の9割が偽者だったことに気付き、
水に対する常識が覆され、日本のミネラルウォーターの市場に興味を持ち、

情熱が湧き、やる気が出ます。

富士山の雪解け水を筆頭とするクオリティの高い水を
1週間飲み続け、腸を綺麗に洗浄すれば、血液の質も向上します。
すると後は半自動的に肉体、精神のパフォーマンスが目に見えて向上します。

仕事の面でも悩みが少なくなります。

今まで思いもしなかったアイデアが
いくつも思いつくので仕事を早く終わらせることもでき
無意味な残業をしなくて済みます。

着実に仕事をこなすあなたを見る上司からの評価も得られ、
信頼に繋がり、やりがいのある仕事を任されます。

6ヶ月水を飲み続ければ嫌でも仕事もプライベートも充実するのです。

「そんな美味しい話があるわけ無い。」

と思った人は信じなくて良いです。

ただ、これだけは言っておきますが
富士山の雪解け水を沼津で飲んだ暁には

「こんなに美味しい水がこの世に存在するなんて。」

と驚愕し、クオリティの高い水の為だけに現住所の変更を視野に入れ、
家族と小一時間口論することも十分有り得ます。

ちなみに風邪の時に飲むべきでは無い種類の飲み物というのが存在します。
意外と知らない人が多いので、一度確認しておいてください。

喉が痛い時、飲み物は炭酸でも良い?(風邪の場合)


喉の痛みに立ち向かう精神論その2


「これは試練だ。何もするな。黙って待て。」

ただし
水だけは飲んでください。

何もするなというのはネガティブな時に
何か大きな行動、発言、決断をしないほうが良いということです。

精神的な原因で喉が痛い時は
おそらくネガティブな場合が多いです。

自分がネガティブな時に何か行動したり、決断をすると
不思議とネガティブな結果が引き寄せられる場合があります。

重要な物事を決める際には必ずといって良いほど
ポジティブな時にのみ決断してください。

足が止まっている。

停滞していることにも意味はあります。
「休憩しなさい。」「落ち着いて考えなさい。」
「正しい方向に進んでいるか確認しなさい。」

といったサインなのです。
イチローが10年連続200本安打という偉業を成し遂げました。
その背景には非凡な努力がありました。

11年連続は達成できませんでした。
この結果に「残念」といった感情を抱く人もいます。

しかしそれとは全く関係が無く、何か意味があるのです。
かなり抽象的な精神論に突入しています。
頭が痛くない。喉の痛みも今はあまり感じていない人は

心して最後まで読破してください。


喉の痛みと上手く付き合う精神論その3


「1ミリも我慢をするな。」

調子が出ないときは我慢しないことです。

またイチローの話をしますが、
彼が怪我をした時にはあることをします。

彼は試合前1時間前にユンケルを飲むとか、
結果を出す為の独特のルールを持っています。

ちなみに
イチロー選手がいかに怪我をしないように細心の注意を払っているか。
知っていますか?

そこにも彼独自のルールを持っています。
例えば、

「ヘッドスライディングはしない。」

守備や、走塁の際にヘッドスライディングをする選手がいますが、
怪我のリスクを考えるとヘッドスライディングよりも
単純に走り抜けたほうが速いし、怪我の心配も少ない。

これがイチロー選手が持つ経験から出た結論であり、
そこから生まれたルールです。

それでも万が一のことがありますし、
絶対は有り得ませんから


イチロー選手も人間なので、怪我はします。


その際にやっていることがドラクエです。
ゲームですね。ドラゴンクエストをやるそうなのです。
もちろん怪我の為の養生は最低限行なっているとは思いますが、

「ドラクエにはかなりお世話になった。」

とイチローさん本人が公言するほどなのです。

怪我をしたら、もっと何か本を読んだりとか、
トレーナーをつけてリハビリのトレーニングをするとか、
ドクターと綿密にコミュニケーションを取るとか

まぁこれらも徹底的にやってるかもしれませんが、
まさかドラクエやってるとは予想外ですよね。

喉の痛みの話題とはほぼ縁が無い話に脱線しましたが、

風邪では無い精神的な原因から来る喉の痛み、
やっぱりストレス過多が最も根本的な問題かなと思うのです。
で、かといって簡単に人間関係の悩みが解決するわけでも無し、

環境を変えるのも簡単ではないなら、
頼れるのが精神論でしょう。

「我慢しない。」
「好きなことをやる。」

適度なストレスは筋トレと同じで
脳に良いと思うのです。

しかし、ストレスが多すぎる環境、
それに対応するには我慢しない。精神を充電する。
開放する機会が必要だと思うのです。

ストレスは肉体の故障、例えば足の骨が折れた。
などと比べると、職場の理解が得られにくいですし、
ドクターストップも掛かりにくい可能性があります。

もっと言うと、自分自身でストレスを抱え込んでいても
「大丈夫だ。」と思い込んで自ら精神的な充電を全くしないこともあります。
これが危険なのです。

「俺は自殺するわけが無い。」と口では言いながら
一般的に自殺しやすいと言われる人の心理や行動に当てはまるような人がいます。

自殺者の心理については割愛しますが、

喉が痛いが風邪系では無いから咳、くしゃみは無い。
周りの人間からは目に見えないけど、確かに喉の痛みは存在する。

それならば
あなたが喉の痛みで苦しんでいることを
誰かが一目で察知して「大丈夫?」などといった気遣いの言葉が無い場合があります。

健常者と同じ扱いを受けることがあるのです。
世界的にみて自殺者の多い日本とか韓国は異様です。
精神的な病気に対する関心は高まってはきましたが、

まだまだ理解されにくいところがあるのが現実です。

「我慢しない。」

「自分に嘘を付かない。」

そういった精神論が、
肉体の健康も守るのです。

健全な精神は健全な肉体に宿る。
といった言葉があるように、


実は精神論は健康の源なのです。


例えば

ラーメンを食いたい。
それならラーメンを食べれば良いのです。

しかし、ラーメンを食べ過ぎるのは健康に良くない。

それなら健康的なラーメンを食べれば良いです。
好みの味のラーメンは不健康なものがほとんどだ。

それならどうしても食べたい不健康なラーメンを
食べる頻度を落とせば良いのです。

それも嫌なら身体に悪影響が出るまでです。

良い結果も悪い結果も受け入れる。
故人のやしきたかじんさんが入院していた際の
闘病生活中に外部の人間に寿司やうな重などの高級弁当を手配させ、

栄養を十分に考慮されたと思われる病院食を
食べないといったことをしていたようです。

これは1つの例です。

最終的にはあなたがどう生きたいのか?
どう生きるのか?といった深いテーマにはなりますが、

喉の痛みに限らず、肉体の健康を無視すると、
楽しい人生の時間を減らすことに直結することが事実として存在することを
強く認識してください。

人生はそもそも楽しいものではない。
楽しく無い人生だから短く終わらそう。
といって自殺したり、健康を無視して好き勝手に生きるのも

極論を言えばその人の自由ですが、
僕は長生きしたい。あなたにも長生きして欲しい。

話が飛躍しましたが、喉の痛みとは
上手に付き合いましょう。水でも良いです。
生姜湯でも良いです。風邪なら炭酸はダメですよ。

スポンサーリンク
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク