夏風邪の症状で「だるい。(倦怠感)」有り得る?

り得ます。
夏風邪初期症状の可能性があります。

ですが、だるいのが間違いなく夏風邪の症状かどうかで言えば
そうとも限らない
です。

夏風邪にしても通常の風邪にしてもだるさ、倦怠感は現れます。

夏風邪でだるいのか、と言うより、
その前兆に当たる夏バテ、熱中症、冷房病、などの
夏特有の症状でだるくなっている可能性があります。

さらに前段階で

そもそも働き過ぎ、寝不足、栄養不足
このように日常生活が乱れている場合でも
だるさを感じることは往々にしてあります。

「だるい。」

軽視しがちなこの倦怠感という症状。
無視するとどうなるでしょうか?

健康な体は
コクサッキーウイルスやアデノウイルスなどの
夏風邪の原因となるウイルスを免疫力でブロックしてくれます。

免疫力はストレス、寝不足、栄養不足、自律神経の乱れなどで低下します。

夏に起こりやすいのは熱帯夜による寝不足、自律神経の乱れです。

夏では多くのシチュエーションで自律神経の乱れが起こります。

例えば、効き過ぎた冷房環境
(事務所や家、電車内など)と炎天下の屋外との大き過ぎる温度差

直射日光を浴びた後に一度冷房の効いた部屋に入るとそれだけで
「動きたくない。」そう感じた経験はありませんか?

30度を越える真夏日に屋外で軽い作業をしているとそれだけで汗をかきます。
では激しい運動をしていたらどうなると思いますか?

汗だくです。失った分の水分を摂らないとどうなると思いますか?
熱中症ですよね。そう、熱中症も自律神経の乱れによるものです。

冷房病にしてもそうです。
夏バテもそう。原因が違うだけで人間の身体に起きる変化としては
自律神経の乱れ」がキーポイントになるわけです。

自律神経失調症という病気になると間違いなくだるさがあります。

目次

・だるい。本当に夏風邪によるもの?
・あなたも経験ある?えらいときを気合で乗り切ったこと
・なぜだるい?
・その倦怠感、あなたのせい?職場のせい?


大きくわけてこの4つの順番でお届けします。

スポンサーリンク

だるさの正体は本当に夏風邪なのか?


確認の為に3大夏風邪の代表的な症状を説明しますね。
(凄くざっくりと挙げます。)

ヘルパンギーナ

・高熱(39度前後)
・喉の痛み
・水泡

プール熱(咽頭結膜熱、別名アデノウイルス感染症)

・咽頭炎(喉痛い、喉に異物感)
・結膜炎(目が充血、目やに多め)
・高熱

手足口病(てあしくちびょう)

・口内炎(主に舌や唇の前方)
・手、足、口に水ぶくれ
・熱は大して出ない。

・・・最もわかりやすい症状の中では「だるい。」といったものはありません。

そもそも喉の痛さ、高熱に苦しめられている段階だと
だるいどころの騒ぎではありませんからね。

もう少し夏風邪について知りたい人は次の記事をご覧ください。
夏に多く読まれ、1年で30000回以上閲覧されている当ブログの人気の記事です。

夏風邪はウイルスが9割。喉が痛いよ。早く治らないかな?


夏風邪の話題から一旦離れます。
ところでこんな経験はありませんか?


気付けば何連勤もしていて平均睡眠時間も大体4時間ほど

寝不足で熱っぽいし、どう考えても風邪っぽいけど
今日中にやらなきゃいけない仕事が山積み、
同僚や先輩、後輩に頼るのも忍びない。

明日は何日ぶりかの休み。
こうなったら気合いで乗り切るか。

結果残業二時間、
なぜか異常な集中力で乗り切る。
が、気が抜けたのか翌日の休みは終日寝込む。

めちゃめちゃえらいし何もする気が起きない。

病は気からと言いますが、
これって僕は本当だと思うんですよね。

夏風邪でだるいかどうかは大して重要ではありません。

ここで1つ動画を、釈然としない症状「だるい。」
いつの間にかだるさが無くなっていることから
深く知ろうとしない人が多いと思います。

これを機にだるさの正体を突き止めてみませんか?



だるいのはなぜか?


風邪っぽく間接が痛み、身体を動かすのが億劫なのか?
働き過ぎ、身体の疲労が蓄積されすぎていて
肉体的に乳酸がたまっているのか?

やる気がしないのか?うつっぽいのか?

何かの結果、だるいと感じているなら体の声ですから、
その体の声を無視するのは危険です。

たまにプロ野球選手が大怪我して手術、
戦線離脱とかしますよね。

あれは彼らの精神力が強過ぎて、
肉体のパフォーマンスが追い付いて無いから結果、
チームに大きな損害を与える長期間の療養が必要な

大きな怪我になってしまうんだと思うのです。

身体のどこかで違和感を感じた段階で医者に観て貰ったところ
実は選手生命にかかわるドクターストップものだった。
なんて話、たまに聞きますよね。

ただ「だるい。」ってだけでドクターストップが掛かることは
まず有り得ないと思いますが、


『身体の声をちゃんと聞く。』


これは非常に大事だと思っています。

私は普段日雇いアルバイトをする傍らブログの記事を書いています。
ここ1年間ずっと書き続けました。半年間はほぼ毎日1記事は書きました。
今では1日2日空いてしまうこともありますが、

その結果、腱鞘炎気味になってしまったのです。
手に違和感を感じていました。しかし、
一旦記事を書くのに集中すれば痛みは感じなくなるのです。

なので、痛みを無視しながら
短時間に集中して一気に記事を書き上げるということを
何度も繰り返していた結果、

ふと集中力が切れた時の痛みが悪化してきたのです。

過去にはこんなこともありました。

年末にスキー場にバスでいった時、
同乗者で咳き込む人がいました。

その時はなんともなかったのですが、1泊2日スノーボードを楽しみ、
帰りのバスではちょっと熱気味、
休み明けの仕事では明らかに熱っぽく尋常じゃなく鼻水が出る。

ボードというプライベートで体調を崩して仕事を休むなんて
とてもじゃないけど出来ないと考えた私は
無理して次の休みまではと強引に出勤。

頭がくらくらする状態で飲み会に出席。
弱った身体に焦げた焼肉、生焼け肉
次の日は休み、とうとう意識は朦朧としており、

熱を測ると39度越え、どう考えてもおかしい為病院に行ってみると
紹介するからもっと大きな病院に行くようにと言われる。
言われるがまま大きな病院に行って見ると

感染性胃腸炎と診断され、今日から入院して下さいと仕事にはいけないと
ドクターストップ。

1週間の入院生活を余儀なくされました。

今でも凄く後悔しています。なんだかんだで仕事は回りますが、
先輩にかなりの負担をかけてしまいましたし、
何しろそれまでに築かれた信頼は目減りし、上司からの私への評価は落ちます。

あなたもこのような経験がありませんか?
つい頑張りすぎてしまい、結果、他の人に迷惑を掛けてしまう。


「だるい」という症状、身体の声1つとっても、
問題は職場環境にあるのか?生活習慣にあるのか?


もしくは全て自分の責任と受け止め、無理して頑張ってしまっていないか?

夏の危険は無理する恐れがあることです。
春や秋と違って身体に負担が大きいです。
梅雨は過ぎましたが、暑すぎますよね。過ごしにくいんですよ。

そんな中、水分補給が足りていなかったり、
暑くて睡眠不足になったり、自律神経が乱れて生活リズムが狂ったり、
なんやかんやしているうちに

免疫力が落ちてきてそこにウイルスが容赦なく侵略したら?
39度を越える高熱と喉の痛みに苦しむ夏風邪になってしまったら?

一生懸命は大事なことですが、
「だるい。」という一件些細かもしれない症状を、
身体の声にフォーカスして、

健康を維持することが、本当の意味でプロです。
どんな状況でも体調管理をおこたらず、
休んではいけない重要な局面で休まない

そんな当たり前のことを守れる人間が真のプロフェッショナルであり、
本物の社会人だと私は思います。

ブラック企業的な発想でしょうか?

過去に入院して会社に迷惑をかけた経験を持つ私からいわせれば
上手に休むのも仕事の1つだと思うのです。
そして入院とか長期離脱はNG。起こったものは仕方がありませんがね。

結論

症状が出たら出たで上手に休みましょうってことです。

スポンサーリンク
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク