喉の違和感、つまりが気になる…病院は?何科で診て貰えば良い?

ずは内科に行くのが最も無難な選択かと思います。

「簡単に言うけど本当に内科で良いの?」

と言われたら確実に
「はい、そうです。内科に直行してください。」
と断言できるわけでもありません。

この記事では病院に行く前に候補として何科が当てはまるのか?
病院の選び方、ストレスとの上手な付き合い方など
読み終える頃には喉の違和感が無くなるような内容をお届けします。

注意:私は医療従事者でも研修生でもありません。
単なる健康オタクのはしくれです。

この記事でお話する情報は過信しないでください。
このブログがきっかけで万が一
あなたの人生が狂ってしまったとしても責任を負いかねます。

上記を了承の上で以下の文章をお読みください。m(_ _)m

スポンサーリンク

喉の違和感、つまりが「どのようなものか」によって
行くべき専門の病院が変わって来ます。

例えば
喉のつまりを感じる、気になるのであれば
「ヒステリー球」の可能性があります。

この場合、精神科とか心療内科になると思います。

ヒステリー球は別名、「咽喉頭異常感症」と呼ぶので、
耳鼻咽喉科でも診て貰えるかもしれません。

しかし、

実体の無いものを耳鼻咽喉科では診て貰えない可能性が高い

ので、精神科、心療内科のほうが良いでしょう。

僕は精神病院に入院していたことがありますが、
精神病院では、筋肉が溶ける副作用の伴う薬を
処方してくるので、僕は信用していません。

病院を信用しているならば良いですが、
信用していないなら病院は行かないほうが良いです。

信じる力、意志の力が最大の治癒力です。

ヒステリー球とは

実際には喉の部分に何の異物も存在しないにも関わらず
酷い場合は吐き気を催す
ことすらあるようです。

主な原因は自律神経の乱れによって引き起こされることがほとんどです。
交感神経、副交感神経のバランスは
多くの病気で重要視される
ことが多いです。

ちなみに熱中症も自律神経の乱れが主な原因と言われています。

簡単に言うと

興奮し過ぎが続くのも良くないし、
リラックスし過ぎが続くのも良くないですよ。って話です。

「とにかくなんらかのアプローチを取りたい」という人は
まずは生薬で安全な漢方から試してみると良いです。

1900年以上の歴史がある中国の医学書
「金匱要略(きんきようりゃく)」に記載のある
歴史ある信頼できる飲み物、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)です。

元都知事の石原慎太郎さんや藤原紀香さんなど、
一部のセレブは漢方の有用性に気付いて愛飲しています。

漢方に使われる朝鮮人参は

リアルゴールドにも
入っていますが、本物の朝鮮人参は非常に
価値が高いと言われていて、

中でもたった80グラムで1億2000万円の値段がついたものもあります。

朝鮮人参と半夏厚朴湯を加えたものに
茯苓飲合(ぶくりょういんごう)半夏厚朴湯
と呼ばれるものがあり、そちらも強力です。

次のページでは自殺率実質世界一の日本だからこそ
注目されるヒステリー球の可能性などお話しています。

スポンサーリンク
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク