花火大会デート確定!緊張しても会話が途切れなくなる2つの大原則

絡先もゲットした!
予定も合った!
花火大会が待ち遠しい・・・

「でも、俺ってあの子とちゃんと話せるんだろうか?」

「沈黙が恐い」

「よくよく考えると女の子のほうから話を振ってくれることが多い」

このような悩みを持ったことはありませんか?


私はあります。

私が中学生の頃、当時の私は軟式テニス部でイケイケだったので、
むかつく言い方をすれば正直モテました。

黙っていても女性が寄って来るという
有難過ぎる状況も一時期経験しました。

しかし、いざ女性と2人っきりになったときに

スポンサーリンク

「何話して良いかわからない。」


この悩みは10年以上、私を苦しめました。
恥ずかしかったです。羨ましがられたこともあったと思います。
そう、贅沢な悩みです。私の責任なんですけどね。

私は街を歩きたくありません。なぜなら

『整った顔面をした無口なイケメンは口の達者なブサメンに敗北する。』

この現実に気付き始めたからです。

女性からしても通用する概念があります。

「美人は三日で飽きる。ブサイクは三日で慣れる。」

外見を磨くことは短期的に見れば相手を強烈に惹きこむことができます。
しかし、その魔法は数時間、数日一緒に生活していれば解けます。
次の魔法を唱える必要があるのです。

わかってしまえばなんてことの無い。
単純過ぎる会話術の魔法の1部

昔ながらのド定番の魔法、ベホイミよりも歴史のある
会話の大原則を知らない人が居たらあまりにも不毛なのでシェアします。

この記事の想定読者は若い世代ですね。
12歳~30歳くらいの不器用な男性、恋愛に関する悩みが尽きない人であれば
十分、価値があると思っていただける内容に仕上げたつもりです。

学校や部活動、慣れ親しんだ環境、3人や5人、
さらに大人数でのティスカッション風の状況なら
特に緊張することなく、リラックスして話が出来るのだけれど、

いざ2人きりになると、途端に緊張してしまって、頭が真っ白になる。

このような経験をしたことがあるのは
元モテ男、現ヘタレの私だけでは無いはず。

小学校の頃は女性だけでなく
男性相手ですら目を見て話すのが億劫だったスーパーヘタレの私が

たとえ緊張していても会話が途切れることがなくなる
「ある大原則」を今更、再発見しました。

その大原則とは「キャッチボール」です。

会話は言葉のキャッチボールと言われるように、
どちらかが最初のボールを投げない限りは成立しません。

「そんな当たり前すぎることは僕でも知ってます。」

こう言う人が多いのですが、それでも
この大原則の本質を理解していない人があまりにも多いのです。

仮に理解していたとしても、
このスキルを日常生活で当たり前のように
自然に実践できるレベルまでノウハウを自分の物にされている人は私の周りには皆無です。


本題に入る前に休憩の動画、iPhoneの機能「Siri」の男性版を
面白おかしく紹介しています。個人でもテレビ番組みたいな動画をYoutubeに
アップしていますね。凄い。参考になります。

注意:花火大会とは全く無関係です。

会話が途切れなくなる大原則はたった2つしかありません。


1つは最初のボール

例えば、

「宿題やった?」

「今日暑くない?」

「お腹空かない?」

などのシンプルなものから

「昨日の4時間目の数学の宿題って提出期限は明後日でよかったっけ?」

「今日の東海地方の最高気温は30度越える県が8割越えてるって知ってた?」

「最近よく行く洋食屋さんで○○が美味しいんだけど、昼飯そこ行かない?」

などの『具体性』を追加したものまで何千通り何万通りとあります。

最初のボール、つまり最初の質問が
相手にとって投げ返しやすいかどうかで
相手の満足度も変わってきます。

相手が満足してくれたらこっちも自然と満足するはずです。

ですから、

あなたにとって話したいことを最初のボールにしても
そのボールが必ずしも相手にとって投げやすいボールであるかどうかは
全くの別次元なのです。

それが「親しい友人」と「好意を寄せる女性」との会話の違いなのです。

ちょっとややこしい言い方になったので具体的に説明すると
例えば

あなたが最初のボールを

「ポケモンの中で俺の○○(モンスターの名前)マジつえぇよ?!お前もそう思うだろ?」

このようなボールを投げたとします。

もし、このボール(質問)を受け取った相手がポケモンを持っていない。
もしくは興味が無い場合にどんなボールが返って来ると思いますか?

「なにそれ?」

「ごめんわかんない。」

「それ○○くんも同じこといってた。」

「っていうか花火綺麗じゃない?」

そう、相手にとってわからない話題、つまり投げ返しにくいボールは
こちらとしても受け取りにくいボールとして帰ってきてしまうのです。
上記のようなちょっと冷たいくらいのボールが返ってくるならまだマシです。

相手にとって興味の無いこと、
投げ返しにくいボールをあなたが投げ続けると


最悪の場合、口をきいてくれなくなる恐れがあります。


つまり無視されるのです。

そうなると、

「アイツの会話はつまらない」

「アイツの話は聞かないほうが良い」

「何を言っても無駄」

とこのような完全な悪送球や意図的なデッドボールが
時速100キロメートルを越えるスピードで投げられるようなものです。

当たり前ですが、この速さは
100メートルを世界一速く駆け抜けることで御馴染み
ジャマイカのウサイン・ボルト選手の最高速度、

時速44キロメートルよりも約2.27倍速く、いとも簡単に抜き去る速度です。
あなたが好きで好きでたまらない女性がウサイン・ボルトを超越していいんですか?

嫌ですよね?

厳しい言い方かもしれませんが、

会話の大原則を守らないと

相手にとって
あなたの印象が壊滅的なレベルまで没落するリスクがあるのです。
ここまで事態が深刻化すると

あなたがこの会話の大原則をマスターしたとしても
取り返しがつかなくなる危険性も生じてきます。

極端な例を出すと

相手が凶悪殺人犯とわかっていたらあなたは口も聞かないでしょうし
もしその凶悪犯が

「会話とは言葉のキャッチボールです。」

とめちゃめちゃ正しいことを言ったとしても
そんな人殺しの話はあなただけでなくほとんどの人が聞かないですよね?


緊張しても会話が途切れなくなる大原則、その2、投げ返すボール


1で十分伝わったと思いますが、
会話とは「最初に投げるボール」と
「投げ返すボール」のたった2つで成立しているのです。

あなたがこれから一緒に花火大会に付き添う女性が
最初のボールを投げてくれる(最初に話を振ってくれる)タイプの女性なら

あなたがどんなボールを投げ返すかで相手の女性があなたに示す
好感度は0~100まで変わってきます。

「好きな女の子から好感度100を得たい!」

そうですか、ならば投げ返すボールを
相手にとって受け取りやすい軌道(わかりやすい内容で聞き取りやすいスピード)で、
尚且つ

「今すぐ投げ返したい!」

と思えるような球種(話題の種類)を考えてボールを投げるのです。

ではどんなボールを投げ返せば相手にとって

「今すぐ投げ返したい!」

「この人と何時間でも会話していたい。」

「抱かれても構わない。」

と思ってもらえるのでしょうか?



続きはウェブで!



これウェブやがな!

また追々御紹介していきますね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ一覧

関連コンテンツはこちら

スポンサーリンク